LE ZEPHYRから、素敵なワンピースが届きました。

View More (個別の記事で閲覧)

岡山は、昨日からの小雨が続いています、、
寒さにまけずに春のご紹介です。

本日は、LE ZEPHYR(ル・ゼフィール):微風、そよ風。
という名の国内メーカーが作る素敵なワンピースのご紹介です。

LE ZEPHYRは、ヨーロッパの生地やレース、リボンそしてアンティークの付属を拘って使い、独特な世界観のある服を生み出してきました。ブランドは、<Bon Vieux Temps> と <C'est bien fait> の2つ。読みづらいブランド名はわざと。ブランドが一人歩きせず、服そのものを見て欲しいという思いがこめられているそうです。
近年は、パリで行われる展示会に出展し、フランスのブランド以上にフランスっぽいと、高い評価を得ています。
ちなみに、LE ZEPHYRの社長さんとチーフデザイナーさんはご夫婦です。専門学校時代からの夢を叶えることを目標に、20数年がんばってきたそうです。本当に素敵なご夫婦です。

それでは、そんな素敵なお二人を中心として生み出されたLE ZEPHYRの商品を紹介させていただきます。

まずは、<Bon vieux Temps(ボンビュータン)>

one piece ¥22.050-
綺麗な黄色のワンピースです。

胸元に豪華な刺繍が施されています。
生地はコットンリネンの混紡、キャミソールタイプのライナーが付きます。

同型で、リバティの生地を使ったシリーズもございます。
 
one piece ¥24.150-
リバティの生地を使用しているため少しだけお値段が高くなります。

 
映画のワンシーンに出てきそうな、ノスタルジックな雰囲気のドレスです。
¥22.050-

次に、総レースのワンピースのご紹介です。
 
アームがゆったりとしていますので着易く動きやすいデザインです。
繊細で上品なレースです。  ¥19.950-

次に、カットソー地のリバティワンピースです。

毎年人気のシリーズ。リバティ柄のカットソー生地を2柄組み合わせてます。
タナローンとは違う、カットソーならではの着易さが評判です。


絶妙な柄の組み合わせが特徴。¥18.900-

そして、最後に総柄のコートです。

防水加工になっています。
気にいっていただいた方に着ていただきたく、毎シーズン1点だけ仕入ています。
今年はパープルのひまわりの柄。

この商品は、<C'est bien fait(セビアンフェ)>。¥35.700-

いかがでしたか。

blogにアップできない商品が沢山ございます。

本日は、素敵なメーカーさんが作る、素敵な2つのブランドをご紹介させていただきました。

2012.02.07 Tuesday

Comments

Reply

無効なメールアドレスの形式です