ワンピースはいかがですか。

こんにちは!

本日、岡山も入梅しました。
いよいよ6月らしい季節が始まったようです。

そんな6月、結婚式や二次会も多い月ではないですか?

カジュアルなアイテムの多いshethですが、実は、
“お呼ばれ用”“オーケージョン用”のワンピースもしっかり揃っているんです。

いくつか紹介します。

NON-SENSのシンプルなワンピース。¥24.800-

さりげない、切り替えと小さいタックでやわらかいシルエットを出しています。


Paul & Joe sister シルク100%のドレス。¥33.000-(税込)

細かいピンタックをふんだんに使って、上品な大人っぽい雰囲気です。


色を変えると、これだけ華やかになります。

上品に、華やかに、POPに。
楽しさいっぱいのドレスです。


同じく Paul & Joe sister のノースリーブワンピース ¥26.000-

繊細なレース刺繍で表情を出しています。

裾のマーメードは、

ギャザーを沢山つかっています。

次は、ルゼフィールのワンピースです。

前面、総レース使い。
 
これだけ細かいレースが使われています。¥19.000-(税込)

次は個性的なドット柄のワンピースです。

ノンブルアンペール ¥11.000-(税込)

涼しげなシースルーの生地です。

そして、細かいドット柄。

J.sloan ¥13.800-(税込)
肩とウエストにドローコードが入っていて、自分にあったバランスで表現できます。

そして、次はトレンドのバイカラー、ドッキングシリーズ。

ノンブルアンペールのワンピースです。¥9.500-(税込)


身頃とスカートで切り替わっています。

バードプリント。 鳥が沢山飛んでいます。

そして、

布帛とカットソーの組み合わせ。
ノンブルアンペール ¥7.500-

ドレープがきれいなワンピースです。

バックスタイルはこんな感じです。

これでもすべてを紹介しきれませんでした。
是非、お店に見に来てください。

本日は、6月の季節にぴったりの、
“お呼ばれ用”“オーケージョン用”のワンピースのご紹介でした。

2012.06.08 Friday

PAUL&JOEは、2人の息子ポールとジョーの名前から。

こんにちは!

あと10日もしないうちに3月になるのに、なんだか寒いですね。
気候は、どうなってるんでしょうか?

そんな春が足踏みしている状態でも、shethはどんどん春をすすめていますよ。
本日は、お待ちかねの PAUL&JOEのご紹介です。

デザインそしてクオリティがすばらしい!!!

まだ、このブランドをご存知ない方もいらっしゃいますので、
まずは、簡単にブランドの解説をいたします。

PAUL&JOE(ポール&ジョー)
1995年設立のフランスのブランドです。
創立者、ソフィー・アルボー(女性)は1967年9月30日、フランスに生まれました。
フランスのモード学院を卒業後、父の経営する高級シャツブランドに入社。
1995年に独立し、メンズのブランドとして「ポール&ジョー」を設立。
ブランド名は2人の息子の名前(ポールとジョー)。
シャツブランド出身なだけに、シャツのクオリティが特に高いブランド。
1997年にレディースラインを発表。
その後、PAUL&JOEのガーリーなテイストをトレンドのデザインで表現した、
セカンドラインがPAUL&JOE SISTERです。


本日もchie殿に着てもらいました。
PAUL&JOEの柄のワンピースです。¥61.950-
クラシックな雰囲気がすごく上品です。

柄も多色使いなのに、しっかりまとまっていて。綺麗です。

ウエストで切り替えて、ギャザーが程よく入っていますので、
広がりすぎないシルエットです。
特別な日に是非着ていただきたいワンピースです。


こちらも、PAUL&JOEのプリントブラウスです。¥40.950-
NOMBRE IMPAIRのショートパンツ、
atelier bruggeのパンプスに合わせています。

小さめな丸衿のふちに、上品にレースが施され、
全面に細かいピンタックが多数通っています。
軽く、上品で、可愛らしい春のブラウスです。

ほんの一部のご紹介でしたが、
このブランドの良さは伝わったのではないでしょうか。

本日は、PAUL&JOEの紹介でした。

2012.02.21 Tuesday
1